関西ではたらくメリットとデメリット

看護師として働く人を必要としている病院は全国各地にありますが、なかでも関西で看護師として働く、もしくは就職活動をするメリットはどんなところにあるのでしょうか?

まず大阪や神戸といった大都市のある関西は西日本の他の地域にくらべて求人の数が多いということが挙げられます。
求人の数が多いということは採用する数も多いということなので、単純にチャンスが広がるということです。
さらに、大阪や神戸などの大都市は一般的に地方にくらべて給与が高めに設定されているという点です。
給与が高いということはどんな仕事でもそうですが、仕事に対するモチベーションを上げる要因のひとつでもあります。
同じ仕事をするならより高く評価してもらいたい、当たり前のことです。

最先端の医療に触れることのできる大学病院が多いのは看護師として関西で働く大きなメリットといえます。
もちろん、大学病院以外にも大きな総合病院はたくさんあり、
設備が整った病院で実践的な医療をしっかりと学んでスキルを身につけることができるのも関西で働くメリットといえます。

しかし大阪や神戸、京都といった大きな都市で働くにはデメリットもないわけではありません。
たとえば家賃が他の地域にくらべて高いというデメリットがあります。
この点については看護師寮を病院の近くに完備している病院を選んで就職活動をするなどの対策をとることもできるので、
条件を出して病院を探してみるのもよいかもしれません。

病院のそうした細かい情報は求人サイトでも集めることができます。
看護師や医療関係者専門の求人サイトもたくさんあるので、そうしたサイトを利用して就職活動をするのもひとつの方法です。
求人サイトを利用することで、自分にあった求人情報を効率的に集めることができます。
条件も希望する勤務地、休日、勤務時間、希望する診療科、託児所の有無、寮の有無など細かく指定して登録することができます。
登録しなくても求人情報をみることができるサイトもありますが、多くのサイトが公開されていない未公開の求人に関しては登録しないと見られないようになっています。
登録は簡単に済みますし、無料でできるサイトがほとんどなのでまずは登録してみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です